www.brookhavenfd.org

急遽現金が必要になり、持ち合わせがないケースに重宝するのがカードローンです。コンビニなどのATMで容易にお金を借りる事ができるため、使用する人も多いはずです。しかしそのキャッシュはカード会社から借り受けている現実を覚えておかなければなりません。借り入れをしているので間違いなく利息を返済しなければならないのです。ですので自ら借り入れした金額にどれほどの利息が上乗せされ、返済総額がいくらくらいになるか位は把握するようにするべきです。個人向けのカードを持つ際に評価され、利用限度額と利息が決まりキャッシング可能なカードが作られます。従ってそのローン可能なカードを使用すると何%の利子を納めるのかは利用時点から把握できるようになっているはずです。そして借りた額により毎月の返済金額が知らされるので、何度の返済になるかも、おおよそは掴めると思います。それらを踏まえてはじき出せば、月ごとの金利をいくらくらい支払いをしているか、借り入れた金額をどれくらい返済しているのかも割り出す事ができます。そうすることで利用可能枠がどれほどあるのかも割り出す事ができます。最近、クレジットカードの支払い請求書をコストダウンや資源保護の理由から、毎月発送しないところが多くなっています。その代りネットを使い会員の利用状態を調べられるようにしていますので、自身の使用残高や利用可能範囲の状況なども計算できます。利用状況を把握するのが面倒臭い方は、サイトを確認する方法で自分の使用状況を把握するようにして下さい。なんで分かった方がいいのかと言うと、確認する事で計画的に使用できるからです。最初にも述べましたが、コンビニなどのATMでキャッシングをしたとしても、その大金は、あなたのものではなく、カード業者からローンをしたお金ということです。「借金も資産」と言いますが、そのような財産はない事に越したことはないのです。利率分を払う必要があるのだから、不必要な借り入れをしないよう、よく調べておきましょう。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.brookhavenfd.org All Rights Reserved.